経験者は語る!Campus Franceでの面接でこれに気をつけろ!~大学留学編~

こんにちは、ゆいです。

私は今ストラスブール大学修士課程2年目に在籍している日本人です。

フランスの大学に留学するにあたり、交換留学でない限りCampus Franceの面接は必須です。

そして、Campus Franceでの面接はフランスの大学への出願のプロセスの中で最も大きなステップの一つといえます。

これまで二度(語学学校留学時と大学院出願時)Campus Franceで面接を受けた私が、大学への出願の際にCampus Franceの面接で皆さんが気を付けるべきことを伝授します!

語学留学でフランスへ行く場合は、Campus Franceの面接語学留学編も投稿していますのでご覧ください

大学への出願におけるCampus Franceの面接の意義

面接、と聞くと、「採用面接」や「面接試験」のように、「試される」面接を想像されると思いますが、Campus Franceの面接は「カウンセリング」のイメージに近いです。

Campus Franceはそもそも「フランス政府留学局」であり、フランス政府下の公的機関です。

外国人が、勉強するという名目で学生ビザでフランスに来て、本当は勉強もせず、無計画にぶらぶら長期間フランスに滞在することを避けるため、そんな人たちがフランスに来る前に、Campus Franceが面接をして振り分ける必要があるのです。

また、Campus Franceはフランスに来る学生がフランスで計画通り目標を実現して、満足のいく結果で日本に帰れるようサポートする役割でもあります。なぜ留学するのか、留学中の計画、留学後の予定に一貫性があるか、留学計画の実現可能性を客観的にみて、アドバイスをしてくれたり、役立つ情報を紹介してくれたりします。

何を聞かれるの?

①あなたの最終学歴に関する詳細

最終学歴に関しては、Etudes en Franceですでに提出している大学や高校の卒業証明書の原本を確認され、入学・卒業年度なども口頭で確認されます。

年度をきちんと覚えていなかったりして、矛盾した情報を言ってしまわないよう、面接前にきちんと確認しておきましょう。

私は日本の学部卒業後すぐに大学院に出願したので職業経験はアルバイト以外なかったので、職業経験について質問されることはありませんでした。

もし会社などに勤めた後大学院に出願されるのであれば、職業経験についても質問されると思います。

 

②今回あなたが出願するコース

また、今回出願するコースの確認も一つずつされます。2020年時点でDAPの場合3コースまで、Hors-DAPの場合7コースまで出願できますが、面接時自分が出願したコースをきちんと把握しておきましょう。

特に、コースの選択に一貫性があるかをよく見られます。一貫性のあるコース選択というのは、自分の最終学歴と関連している、または出願するすべてのコースが関連した分野の専攻であるということです。

異なる専攻に出願しているような場合どうなるかは経験がないのでわかりませんが、その選択を正当化できる理由を用意して面接に臨む必要があると思います。

 

③志望理由

すでにEtudes en Franceで入力し提出している志望理由について聞かれます。

ちなみに、Etudes en Franceでの志望理由の書き方についても記事を書いていますので、どうぞご確認ください↓

https://www.kokkyo-gurashi.de/%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%ae%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e3%81%b8%e5%87%ba%e9%a1%98-%ef%bd%9eetudes-en-france-%e5%bf%97%e6%9c%9b%e7%90%86%e7%94%b1%e6%9b%b8%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d/

面接前に自分の志望理由書をもう一度確認し、自分の口でフランス語で話せるように準備しましょう。

④あなたのフランス語学力

すでにEtudes en Franceで提出しているフランス語学力の証明書(DELF, DALF, TCFなど)の原本だけでなく、実際あなたがフランス語で話しているところを聞いて、見て、提出しているレベルに相当する言語レベルを持っているかを確認されます。

だからこそ、事前に少なくとも志望理由はフランス語ですらすらといえるようにしておきましょう。(最終学歴の説明などをフランス語で聞かれる可能性もあります)

どう答えたらいい?

どう答えるかは、皆さんそれぞれの状況によりますが、

かならず嘘をつかず正直に答えてください。ばれますので。(*_*;

また個人的に「一貫性」が重要なポイントだと思います。

いままでのあなたの経験や学歴と、これからのフランスでの学業がどんなつながりがあり、今回出願するに至ったのか、を説得力をもって説明する必要があります。

服装は?

先ほど言った通り、「カウンセリング」のような面接なので、かならずしも企業面接のようなスーツを着ていく必要はありません。

ただ、Campus Franceは公的機関ですので、東京も京都も大使館などの建物のなかに入っています。カジュアルな服装は避け、きれいめでかっちりした服装をおすすめします。

わたしは二回(語学留学、大学留学)とも念のためスーツで行きました。

まとめ

以上、大学留学の場合のCampus Franceの面接で気を付けるべきことをお伝えしました!

Etudes en Franceですでに入力した内容の確認作業にも近いので、矛盾した内容を言って混乱を招かないように、最終学歴や志望動機に関する正しい情報を今一度インプットしておきましょう。

また、フランス語でそれをすらすらいえるよう事前に練習して、面接に臨みましょう!

では、頑張ってください:)

Pocket
LINEで送る

You May Also Like

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です